FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薬はどれぐらいの期間飲まなければなりませんか? 副作用はどんなのがあるの?


抗うつ薬を飲む期間を3段階にわけて考えてみましょう。

薬の量に個人差があるように、服薬期間も患者さんによって違ってきます。
下記の経過はあくまでの順調な回復の目安となります。

①急性期治療
第1に症状を取ることが目標となります。薬が合うと、2週間ぐらいで効果が表れ始めます。順調なら3ケ月ぐらいで症状は徐々におさまっていきます。


②継続治療
症状がある程度収まったら、その状態を安定させることが目標となります。
少なくとも6ヶ月は続けるのが一般的です。


③維持治療
再発の危険性が高い場合、その予防の為に服薬を続けます。
期間については、個人差が大きいので数ヶ月の人もいれば数年単位で維持治療が行われる場合もあります。



【主な副作用】
・眠気、頭がボーッとする
・立ちくらみ、ふらつき
・目がぼやける
・口が渇く
・吐き気、胃がムカムカする
・脈が速くなる
・手の規則的な震え
・便秘、尿が出にくい
・生理不順、乳汁が出る
・イライラする、落ち着かない

副作用かも・・・・と気になったら、主治医に知らせて下さい。副作用かどうか判断し適切な対処をしてくれます。副作用だと思いこんで、自己判断で薬をやめたり、減らしたりすることは避けて下さい。うつ病の症状を副作用と間違えることが時々ありからです。また、ほかの薬を服用する場合も、主治医に伝えて下さい。










コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こころの手当

Author:こころの手当
40歳を過ぎて大学院に入学し、晴れて臨床心理士になれました。小中学校でスクールカウンセラーをする傍ら、心療内科・精神科病院で心理士として悪戦苦闘しながらものんびり生きています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。