FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うつ病に使われる薬について

おもに抗うつ薬とよばれる薬が中心です。うつ病、うつ状態のほとんどの症状に効くといわれています。
日本で使用できる抗うつ薬は20種類ほどあります。それたの効果や副作用はそれぞれ少しずつ違います。患者さんの症状に合わせて薬の種類や量が決められています。


新しい抗うつ薬は、一般的に副作用が少ないといわれています。服用の仕方もさまざまで、食後3回だけでなく、1日1回でもよい薬もありますし、点滴注射のできる薬もあります。

この他にも、睡眠薬、抗不安薬、気分安定薬や漢方薬などを合わせて使うこともあります。また、更年期のうつ病では女性ホルモンが効く場合もあります。

【従来からの抗うつ薬】
三環系
( 一 般 名 )         ( 商 品 名 )
・イミプラミン塩酸基     トフラニールなど
・クロミプラミン塩酸塩     アナフラニール
・トリミプラミンマレイン塩酸  スルモンチール
・アミトリプチリン塩酸塩   トリプタノールなど
・ノルトリプチリン塩酸塩   ノリトレン
・ロフェプラミン塩酸塩     アンプリット
・アモキサピン        アモキサン
・ドスレピン塩酸塩      プロチアデン

その他
・マプロチリン塩酸塩     ルジオミールなど
・ミアンセリン塩酸塩     テトラミド
・セチプチリンマイレン塩酸  テシプールなど
・トラゾドン塩酸塩      リスリン、デジレルなど
・スルピリド         ドグマチールなど


【新しい抗うつ薬】
SSRI
( 一 般 名 )            ( 商 品 名 )
・フルボキサミンマレイン酸塩  テプロメール、ルボックスなど
・パロキセチン塩酸塩水和物   パキシル、パキシルCRなど
・塩酸セルトラリン       ジェイゾロフト
・エスシタロプラムシュウ酸塩  レクサプロ

SNRI
・ミルナシプラン塩酸塩    トレドミンなど  
・デュロキセチン塩酸塩      サインバルタ

NaSSA
・ミルタザピン         リフレックス、レメロン






臨床心理士による心理相談メールカウンセリング

テーマ : メンタルヘルス
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こころの手当

Author:こころの手当
40歳を過ぎて大学院に入学し、晴れて臨床心理士になれました。小中学校でスクールカウンセラーをする傍ら、心療内科・精神科病院で心理士として悪戦苦闘しながらものんびり生きています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。